光明寺のご案内

ホーム > 光明寺のご案内

親鸞聖人の教え

浄土真宗の宗祖・親鸞(しんらん)聖人は、人の本当の幸せは自身で築くものではなく、阿弥陀如来様を信じて全てをお任せすることであると説かれました。

煩悩具足である私の本当の姿に気づいた人(悪人の自覚)は、阿弥陀如来様に救っていただくほかに助かる道はないということに気づき、口に「南無阿弥陀仏」という念仏を称(とな)えながら仏様に身をゆだねるようになります。これを浄土真宗では「ご信心」と申しまして、極楽浄土に往生する正因となるのです。

親鸞聖人
親鸞聖人

東本願寺 伽蘭
東本願寺 伽蘭

光明寺の足跡

光明寺の歴史は、古くは1200年前の延喜式神名帳に記載された由緒正しき意富布良(大洞)神社から始まります。その神社はいつしか神仏一体神宮寺となり、室町時代には京都本願寺第八代ご住職の蓮如上人の教化によって、神社と寺院が分離されました。その寺院が光明寺の祖となる近江祖坊となりました。
その後、いくつもの時を経て岐阜と京都にそれぞれ光明寺岐阜本坊、光明寺京都本院瑠璃光院として移転.現在は全国各地に別院が存在します。

大洞神社
大洞神社

三本の柱

「心の時代」と言われる21世紀は、物質的な満足のみでなく精神的な充足感を得て、本当の意味で人が幸せになれる時代です。光明寺は、仏教の教えを中心に据えて、「布教活動」「霊園事業」「社会貢献活動」を3つの柱とし、ご供養の面から現代に活きる人々への心の安心を提供すると同時に、仏教啓蒙活動や文化保全事業を通じて社会に貢献してまいります。

図

法人概要

建立 室町時代
宗旨 浄土真宗
住職 大洞龍明
副住職 大洞龍徳
本坊 岐阜市金竜町3丁目9番地
支院 町屋光明寺(東京)、千葉光明寺、埼玉光明寺、光明寺東京本院新宿瑠璃光院、光明寺京都本院瑠璃光院、近江祖坊(滋賀)
職員数 122名(内 僧籍者45名)
※2013年5月現在
在籍僧侶 220名
教師僧侶 72名 ※非常勤も含む

無量寿山 光明寺本坊(岐阜光明寺)
無量寿山 光明寺岐阜本坊

法人案内ダウンロード(PDF 1.2MB)

Copyright © 2013 Komyoji.All Rights Reserved.