鳩摩羅什1600年記念法要

~草の根の「鳩摩羅什顕彰」活動が中国で評価

 

平成27年

  発足以来、幾多の困難を乗り越えて継続されてきた「鳩摩羅什三蔵法師顕彰会」(主催/無量寿山光明寺 代表/光明寺住職大洞龍明師。以下、同寺および同師)の活動が、鳩摩羅什の記録映画を制作する中国中央テレビ局の耳に入り、同師がクチャを訪れる際に密着取材を受けました。さらに今月6日には同寺の東京本院で行われる「鳩摩羅什1600年記念法要」の様子を撮影するために、中国中央テレビ局の撮影チームが来日します。

◆概要、経緯◆
 2012年、鳩摩羅什の生誕の地・中国新疆ウイグル自治区クチャにて「鳩摩羅什記念館」建設事業が進むも、尖閣諸島問題による日中関係の悪化から
建設中の建物が取り壊される事態に遭う。同建物は公立のキジル石窟研究院が建設、同会は展示内容の提案や資金援助を行っていた。
一方、没後1600年にあたる2013年には同地に鳩摩羅什の銅像を建立。草の根の顕彰活動は今もなお続けられている。

◆取材のお願い◆
賛同する僧侶が一堂に会し「鳩摩羅什1600年記念法要」を執り行います。
◎日時:2015年6月6日(土)10時~
◎場所:光明寺東京本院 新宿瑠璃光院白蓮華堂「空ノ間」(4階)
東京都渋谷区代々木2-4-3(新宿駅南口・徒歩3分)

◆鳩摩羅什とは◆
仏教が東アジアに広まるきっかけ(日本仏教の多くの経典は鳩摩羅什が漢訳したものを使用している)をつくった高僧。

主催 : 無量寿山光明寺 / 鳩摩羅什顕彰会

【お問い合わせ】
光明寺東京本院 新宿瑠璃光院白蓮華堂
電話:03-5333-0007 ファクス:03-5333-0006
メール:kumaraju@komyoji.com (担当:鳩摩羅什記念法要係)
プレスリリース内容ダウンロード http://www.komyoji.com/press/

 


ダウンロード

◯プレリリース内容(PDF文書)

◯写真サムネイル(PDF)

 

鳩摩羅什舎利塔 鳩摩羅什舎利塔(西安・草堂寺)

仏教遺跡 ウイグル自治区仏教遺跡訪問

記念館完成予想図 計画当初の鳩摩羅什記念館予想図

建設中の建物 計画に沿って建設中の建物

建物が解体された跡 尖閣諸島問題で日中関係が冷え込み、建設中の記念館は解体され計画は白紙

銅像完成 鳩摩羅什銅像の完成

クチャに安置 生誕の地クチャに銅像を安置

花壇竣工と取材 花壇竣工法要の取材を受ける

 

リストに戻る